株式と合同の違い

会社設立時の定款認証や費用の面など株式と合同の違い

最近は起業をする人も増えています。

個人でする場合もあれば複数人で会社を立ち上げるということもあります。

主な形態は株式会社ですが、ここ近年合同会社という会社形態も出てきて、株式会社ではなく合同会社を立ち上げる人もいます。

合同会社も株式会社もどちらも法人格なので契約や税制面などは変わりありません。

またどちらも有限責任を負うので、もし会社が倒産したときも無限に責任を負う訳ではなく出資した分に応じた有限の責任を負うということも共通といえます。

では株式会社と合同会社はどこが違うのでしょうか。

まず会社設立の方法に違いがあります。

会社設立の際には会社のことに関して記した定款を作成する必要があり、株式会社設立の時には公証人役場でその定款認証してもらう必要があるのですが、合同会社の場合には定款認証の必要はがありません。

その分合同会社の手間や手数料が少なくなります。定款認証には収入印紙代や手数料などで10万円近くの費用が必要になってくるので、合同会社ならその分節約ができることになります。

会社設立の登記の際にも登記費用が必要で、株式会社の方が合同会社よりも多くかかるという違いもあります。

また株式会社では代表取締役が1人いてそのほかの役員が決まるのですが、合同会社の場合には出資金を出しタヒチが全員代表社員になります。そのため会社設立から運営してからも何か一つ物事を決める時には代表社員全員の意見を一致させてから始めることが大切になってきます。

さらに株式会社なら毎年決算を公表する必要があるのですが、合同会社なら公表する必要がないので、広告代の節約をすることができることや公表をしたくない場合には合同会社の方が良いでしょう。

これらの違いがある株式会社と合同会社ですが、どちらにもメリット、デメリットがあります。

会社設立時には費用や手続きの面では合同会社の方が立ち上げやすくなっていますが、いざ会社を運営するにあたって何事も代表社員全員の意見で行うことになるので代表社員同士の関係をこじらせないように気を使わないといけないというデメリットがあります。

そして合同会社という会社形態があまりよく知られていない分、取引先となる会社からの信用度が低かったり、求人の際も認知度が低いとあまり応募が来なかったりすることも考えられます。

だから会社を立ち上げるときには株式会社にするか合同会社にするかは先のことも見据えてしっかり考えることが大切です。