会社設立祝いに贈る花

会社設立祝いに贈る花について


仕事の取引相手や知人・友人が独立して、会社設立をすることがあります。その際には、設立祝いとして品物や祝電を贈るのがマナーです。

品物の金額などは、相手との今まで付き合いの深さやお世話になった関係性によって変動してきます。

一般的には、会社設立に関しての金額は、1万から5万ぐらいが相場になります。贈り物としては、親しい間柄であればコーヒーメーカーなどの実用品を贈るケースもありますが、一般的には縁起がよい植木鉢タイプの花を贈るのが主流となっています。

その中で一番人気が高く代表的なものとして「胡蝶蘭」があります。「胡蝶蘭」が選ばれる理由としては、まず見た目が華やかできれいなため会社設立祝いにふさわしいのと、価格がだいたい3万から5万ぐらいするため高級なイメージが世間一般にはあり、ステータスを感じさせることができるためです。

豪華なものであれば10万近くするものもあります。

胡蝶蘭の寿命が1か月から3か月までもつため長い期間鑑賞することができるのが理由のひとつです。

また、胡蝶蘭には「幸福が訪れる」という縁起の良い花言葉をもっているため、鉢植えの胡蝶蘭を贈ることで、長く会社が繁栄するようにという願いを込めることができるのも選ばれやすい理由です。

会社設立のときに贈られる胡蝶蘭は、大輪と呼ばれる花一輪が10センチ以上の大きさの白いものを3本寄せ植えしているものが一番多い形です。

白の胡蝶蘭以外にも個性をだすためにピンクの胡蝶蘭を贈ったり、胡蝶蘭以外のカトレアなどを贈るケースもあります。

また、フラワーギフト専門店では、個性的なフラワーアレンジメントを施してくれる場合もあります。会社設立祝い先が、ホテルの場合などは、鉢植えよりもスタッドタイプのフラワーアレンジメントを贈る方が喜ばれるときもあります。

フラワーではなく、日常的に置いておくことができる観葉植物を贈るケースもあります。ただ、観葉植物の種類によっては、手入れが難しいものもありますので、なるべく手入れがしやすい種類を選ぶのがよいです。贈るフラワーの種類の中には、タブーとされるものもあります。

それは、火を連想させる真紅や赤い色のものです。これは、フラワー以外の品物でも同じで、灰皿やライター、暖房器具もタブーとされています。

品物だけでなく、贈り物と一緒に添える祝電やメッセージカードの文章にも火を連想させる「赤」「燃える」などの表現は避ける決まりになっています。